カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ネットで古着を買うならここが重要ポイント!

上着(シャツ関係、ジャンバー等)選びの重要ポイント!

襟をチェック!

襟はTシャツであれば伸びやすく、綻びなどが出やすい部分です。程度の差こそあれ上記写真左なら着ることは可能ですが、写真右のように、ここまで伸びすぎていたら着れないでしょう。ネルシャツやジャンバーなどは首を通して着ていないため、伸びることは余りないですが、首と接着している部分であり、汗が付着しやすく、日光に当りやすく、変色も起こりやすいです。古着を買う際はぜひチェックしてほしい部分です。この襟の部分が分かる店及び商品を選びましょう。

裾をチェック!

    

裾はズボンと接近している部分であり、座った際に地面と接着し、擦れる可能性がある部分です。この裾をチェックして、破れている部分はないか?擦れて傷が入っている部分がないかチェックしましょう。そしてこの部分が分かる店及び商品を選びましょう。

袖先をチェック!

    

袖先は手に一番近い部分のため、食事の際や仕事の際など、汚れが付着しやすい部分です。また手作業などをしていると擦れ易い部分でもあります。ここもぜひチェックしましょう。この部分が分かる店及び商品を選びましょう。

ボタンやファスナーをチェック!

ボタンやファスナーの有無をチェック。せっかく購入しても、ボタンやファスナーが破損していたり、付いていなかったりすれば購入した意味がありません。ボタンやファスナーは胸を閉じる部分だけにある訳ではありません。服によっては色々な部分についています。なるべく多くチェックしましょう。しかしながら例えば全体の内ボタンが一つなくても、胸ポケットなどの目立たない部分であれば、ブランドによっては価値が失われない服もあるでしょうし、人によっては、それじゃ駄目だと言う方も見えるだろうし、それでも欲しいと言う方もいるでしょう。重要なのは破損している部分の情報を開示して判断材料を提供しているかが重要だと思います。

ズボン選びの重要ポイント!

股下(レングス)の股ズレをチェック!

     

ズボンで意外と擦れる部分が股の部分です。ここをリペアしているジーンズをよく目にしますが、ここの部分がリペアしていると本人が周囲の目に気づかないだけで、よく目につきます。中央部分が交点になっているのがご確認出来るかと思いますが、脚から伸びて縫い目が交わった部分の中心と言うこともあり、一度ここが擦れると構造上弱い部分でもあります。ぜひここはチェックしましょう。

裾先をチェック!

     

ズボンの裾先(脚の先端部分)は地面と接着する部分であり、ズボンを長い目に履けば、余計に擦れ易い部分です。酷いズボンになると、この裾先がボロボロになっているのを見かけますが、人によってはそれが良いと言う人もいるかもしれませんが、余りに酷いと売り物としてどうかと思いますので、ぜひここはチェックしましょう。

膝や太ももやお尻などの汚れや傷をチェック!

    

膝や太ももやお尻などは些細なことで転倒などすれば、擦れ易い、破れやすい場所です。またジーンズなどでは、その擦れや破れがファッションの一部となり、逆にカッコ良く映り、好結果に繋がったり、どちらにしろ映像としては勿論のこと、擦れや破れなどを文書としても情報を開示しているところを選びましょう。

サイズは公式表示だけではなく、実測で表示をしているかチェック!

     

古着のジーンズは必ずと言っていいほど、公式サイズである紙パッチの表記より、伸縮があります。洗濯をしていたり、体形などで伸びたり、裾直しで縮めていたり、色々な理由で公式サイズとは若干の差違が生じます。勿論人の手で測る以上お店で計測しても、誤差は生じる場合もありますし、実際着る際は着こなし方や体形や洗濯などでの差違も生じる可能性はございます。ですが古着である以上、公式のサイズより実測で測り直した方がより現実に近いズボンであるのは間違いありません。よってズボンを選ぶ際は必ず実測で計りなおしたサイズを表記している店を選びましょう。

実測での表記は以下を参考にしてください。

1、ウエスト パンツのボタンとファスナーを閉じウエスト上端に沿って、ベルトの両脇を測る。それを2倍する。要は腰周りの長さです。インチに変えるには測ったセンチ(2倍値)÷2.54=インチ数値

2、股下(レングス) 股の縫い目交点から裾までを内股の縫い目に沿って測る。要は脚の長さです。

3、裾幅 パンツの裾先部分の横幅。要は脚の先端部分の横幅です。人によってはこの部分のシルエットが重要の人もいるでしょう。

4、ワタリ幅 内股合せから基準線に対して、直線で結ぶ太もも脇までの長さ、要は太ももの長さです。

5、前ぐり ベルト上端から前ぐりに沿って内股合せ部分までの長さ。要は股間部分から上端であるベルトまでの長さです

最後に古着には古着の良さがあります。それは値段であったり、色合いであったり、人それぞれ必ずあります。ネットでも見るべきところを見れば、恐れずに自分だけの価値あるモノが必ず見つかるでしょう。